ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは何?

ZEHとは、家庭での年間エネルギー消費量が概ねゼロとなる住まい

ZEHは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅”と定義されています。
省エネ効果と創エネ効果を組み合わせ、家庭でのエネルギー消費量がおおむねゼロになる住まいがZEH(ゼッチ/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。

使うエネルギー:“省エネ”消費するエネルギー量を減らす/創るエネルギー:“創エネ”使うエネルギー量と同等のエネルギーをつくる/ 「使うエネルギー」 - 「創るエネルギー」 = 0

省エネ基準が義務化され、ZEHが標準住宅となっていきます。

2013年 改正省エネ基準適合義務化(方針) / 2020年 ZEHを標準的な新築住宅にする(段階的な適合を義務化) / 2030年 新築住宅の平均でZEHを実現させる

※「低炭素社会に向けた住まいと住まい方」の推進方策について(経済産業省・国土交通省・環境省 平成24年7月)より抜粋

ZEHはどんなメリットがあるの?

省エネと創エネで光熱費を大幅に削減します。

省エネ・創エネ効果グラフ

省エネ

・お住いの気密性や断熱性を高めてエネルギーの外への漏出を抑え快適な住居に
・高効率型のエアコンや給湯器を導入しエネルギーの消費を抑える
・HEMSを活用しエアコンの使用量を減らす、給湯の湯沸かしタイミングの最適化や照明の適切なON/OFFなど

創エネ

・太陽光発電や燃料電池を利用しエネルギーをつくる
・余った電力は売電収入にしたり、蓄電池やEVを活用し発電が出来ない時間帯に備えることができる

ZEH補助金について知りたいんだけど?

一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)の補助金についてご説明します。

平成29年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」は国が政策目標として設定した「エネルギー基本計画」達成のため、経済産業省エネルギー庁がとりまとめたZEHロードマップに基づき交付されるものです。

補助金制度

省エネルギー要件を満たす住宅に対して、補助金を交付する。(2017年度 一件あたり75万円~

必要な要件(グレードA)

断熱:高断熱外皮の導入が必要
省エネ・創エネ:住宅一棟の全エネルギー計測が必要
・太陽光発電システム(発電量・売電量)
・住宅全体の電力使用量
・冷暖房設備の電力使用量(エアコン)
・給湯設備の電力使用量(エコキュートなど)
さらにグレードBでは、照明設備、換気設備の電力使用量の計測も必要です。

HEMSミルエコminiはZEHに対応してるの?

簡単にZEH申請を行うためのセットをご提案致します。

①HEMSシステム”ミルエコmini+河村電器製EcoEye”ZEH対応パッケージ

HEMSシステム”ミルエコmin+河村電器製EcoEye”ZEH対応パッケージ

分電盤でのデータの表示例

HEMSシステム”ミルエコmin+河村電器製EcoEye”ZEH対応パッケージ

②HEMSシステム”ミルエコmini+ECHONET Lite家電”

HEMSシステム”ミルエコmini+ECHONET Lite家電”

※EcoEyeは河村電器産業株式会社の登録商標です
※スマートメーター情報発信サービス(Bルートサービス)のご利用には、「認証ID」、「パスワード」が必要となります。詳しくは各電気事業者へご確認下さい。
※ECHONET Lite対応機器すべての動作を保証するものではありません。
 また、各家電機器でECHONET Liteに対応するためのアダプター等が必要な場合があります。詳しくは各メーカーへご確認下さい。
※オプションの赤外線学習リモコンはLinkJapan製eRemoteを使用しております。